目尻の木になるシワの改善方法を紹介!
ヒートショックプロテインを増やして美肌になれる化粧品おすすめ8選
ヒートショックプロテインを増やして美肌になれる化粧品おすすめ8選
  1. 目じりなどの細かいシワは乾燥による老化!その改善方法は?

まずはシワの種類を知っておこう!

まずはシワの種類を知っておこう!

シワにも種類がいろいろあって、出来る原因や対策も様々です。シワ対策を立てるにあたって、まずはシワの種類を知っておきましょう。

まずは真皮ジワ。これが一般的に言われるシワです。皮膚の弾力性がなくなることや皮下脂肪の増減、そして重力などが原因で表面の皮膚がたるんで発生します。目の下、ほうれい線、首などに表れる深いシワはこの真皮ジワです。大きな原因は加齢のほか、長時間のデスクワークや猫背など姿勢によって若くして発生することもあります。

次にちりめんジワ肌が乾燥することで表れる浅く細かいシワで、主に目元、目尻などに見られます。ちりめんジワは皮膚の最も外側にある表皮の中でもいちばん外側にある角層にできるもので、年齢に関わらず肌の保湿力が低下することで表れやすくなります。

そして最後に表情ジワです。その名の通り、表情を作るときにできるシワが表情を戻しても戻らなくなったもので、目尻、眉間、額、鼻根部などに表れます。これは、肌が乾燥しやすくなったことで形状記憶力が弱まり、表情によって形が変わった皮膚をもとに戻せなくなることで起こります。

シワの原因はコラーゲン不足って本当?

シワの原因はコラーゲン不足って本当?

真皮ジワもちりめんジワも表情ジワも、肌が乾燥してハリがなくなることが原因の1つとなっています。そしてその乾燥やハリの減少を引き起こす最大の要因は紫外線です。

なぜ紫外線が乾燥やハリの減少を引き起こすのかと言えば、最も大きな要因はコラーゲンの減少です。紫外線ダメージがコラーゲンを分断して壊してしまうため、コラーゲンの合成と分解のバランスが崩れて皮膚をしっかり支えることができなくなるのです。そしてコラーゲンの数が減少すると、ヒアルロン酸をしっかり束ねておけなくなるのでしたね。それによって水分を保てなくなった皮膚は乾燥していき、乾燥はそのまま直接シワの原因となるのです。

このように紫外線が引き金となって負の連鎖を引き起こし、あらゆるタイプのシワを引き起こします。帽子を被る、日傘をさす、UV化粧品をつける、といった紫外線対策はいろいろとありますが、それでも紫外線に一切あたらずに過ごすというのは不可能です。そんな環境の中で、コラーゲンを減少させないためには、いったいどんな対策を立てたらよいのでしょうか。

ヒートショックプロテインで自己回復力をつける

その答えは、ヒートショックプロテインを増やすことです。紫外線に負けない肌を作るには、どんな環境でもコラーゲンの合成と分解のバランスを保つ力を養うこと。そのためには、コラーゲンを壊す分解酵素の過剰な分泌を抑えること、そしてコラーゲンの生産工場である線維芽細胞を守ることが重要ですが、そのために必要なのは何かというと、やはりヒートショックプロテインの働きなのです。

ヒートショックプロテインの中でもHSP70が多く存在する線維芽細胞は、紫外線を浴びても細胞死があまり起こらなかった、という研究結果があります。つまりHSP70を増やすことができれば、コラーゲンの生産力をキープすることができるということです。

また、ヒートショックプロテインが多く存在する細胞では、コラーゲンを壊す分解酵素の量が約半分に減ることがわかっています。紫外線によって増加するこの分解酵素もヒートショックプロテインの働きで抑えることができるため、紫外線ダメージを受けた場合でもコラーゲンが必要以上に分解されて減少することなく、その合成と分解のバランスを保つことができるという訳です。

つまりヒートショックプロテインを増やすことによって、紫外線ダメージに対する肌の自己回復力がアップするということなのです。

 
ヒートショックプロテインって細胞なの?ヒートショックプロテインの増やし方紹介!
顔を若く見られるヒートショックプロテイン効果のある化粧品ランキング
ヒートショックプロテインでアンチエイジング!肌老化の原因と改善