紫外線の恐ろしさとは?
ヒートショックプロテインを増やして美肌になれる化粧品おすすめ8選
ヒートショックプロテインを増やして美肌になれる化粧品おすすめ8選

紫外線で肌がボロボロになる理由とは?

紫外線で肌がボロボロになる理由とは?

紫外線で肌がダメージを受けると、肌が光老化を起こした状態になります。紫外線はほんの一瞬浴びただけでも肌にダメージを与えますが、その時間が長く、量が多いほど、ダメージの度合いは大きくなり、シミやシワ、たるみなどを引き起こします。この現象を光老化と言います。

光老化を起こす直接的な原因はメラニンです。メラニンは紫外線を受けた時に肌を守るために生成されるもので、肌細胞が活発に機能しているときにはターンオーバーによって角質層に押し上げられ、古くなった角質とともに剥がれ落ちるため、皮膚には残りません。しかし紫外線を浴びすぎてメラニンが過剰生成された場合や、加齢によってターンオーバーのサイクルが乱れている場合などは、メラニンがうまく排出されなくなり、皮膚に残って色素沈着します。これがシミの原因です。また、紫外線によるダメージが大きいとメラニンを生成するメラノサイトに異常が発生し、メラニンをつねに生成し続けてしまう現象が起こって濃いシミが増えるといった現象が起こります。

肌が受けた紫外線のダメージは時間を経て蓄積されていきます。一度浴びてしまった紫外線の量と時間は後で減らすことはできません。そのためこれから紫外線対策として出来るのは、メラニンの生成を抑えることしかないのです。

ヒートショックプロテインでシミを予防!

ヒートショックプロテインでシミを予防!

さて、ここでヒートショックプロテインの働きについて、シミ予防という観点に絞ってもう一度確認してみましょう。シミ予防に関してヒートショックプロテインが役立つポイントは大きく分けて3つあります。

まずはメラニンの生成を抑える効果です。シミを予防するにはメラニンの生成を抑えるしかありませんが、メラニンは紫外線から肌を守るためにどうしても生成されてしまうもの。どんなに紫外線対策をしても、少しでも紫外線を浴びてしまうと必ず生成されるものです。加齢や紫外線の蓄積によって正常なターンオーバーが期待できない状況下におけるメラニンの過剰生成は恐怖ですが、ここで頼りになるのがヒートショックプロテインです。ヒートショックプロテインを増やすことができればメラニンの生成が抑えられ、シミ予防の第一段階は突破です。

次に皮膚の炎症を抑える効果です。日焼けした後に皮膚が真っ赤になって炎症を起こしたことがある人は少なくないでしょう。ひどい場合は火傷のあとのように水ぶくれになることもありますが、ヒートショックプロテインの働きの中には、炎症を抑える効果もあります。もともとヒートショックプロテインは傷ついたタンパク質を含む細胞を修復する効果を持っていますが、外部からの攻撃が大きければ大きいほどその働きは強くなり、細胞を修復するのみならず免疫を活性化させて、戦況をこちら側に有利運んでくれるのです。

そして3つ目は、DNAの回復を促す効果です。紫外線や加齢によるダメージが大きすぎる場合には、細胞のDNAまでが傷ついてしまうことがあります。さすがのヒートショックプロテインにも、DNAを元通りにする力はありません。しかし実は傷ついたDNAを修復する専門のタンパク質が存在するのです。そしてヒートショックプロテインにDNAを治す力はなくても、DNAを修復するタンパク質の働きを助け、結果としてDNAの回復を促すことはできるのです。

紫外線の攻撃から細胞を守るために生成されるメラニンを減らすかわりに、ヒートショックプロテインは傷ついたタンパク質を修復し、免疫力をアップさせることで皮膚の炎症を抑え、万が一のときにはDNAの回復を促す働きをします。シミ予防のために二重三重の対策を立ててくれる、本当に頼りになる強い味方なのです。

 
ヒートショックプロテインって細胞なの?ヒートショックプロテインの増やし方紹介!
顔を若く見られるヒートショックプロテイン効果のある化粧品ランキング
ヒートショックプロテインでアンチエイジング!肌老化の原因と改善