化粧品からヒートショックプロテインを増やす方法とは?
ヒートショックプロテインを増やして美肌になれる化粧品おすすめ8選
ヒートショックプロテインを増やして美肌になれる化粧品おすすめ8選

とても簡単にヒートショックプロテインを増やすなら化粧品がオススメ!

とても簡単にヒートショックプロテインを増やすなら化粧品がオススメ!

さて、入浴法、蒸しタオルパック、洗顔法、と体内のヒートショックプロテインを増やすための方法をいろいろ紹介してきましたが、基本的にどれも手間がかかります。1日、1週間、1ヶ月の生活習慣を根本から見直して生まれ変わる!という強い意志がなければなかなか続けられそうにありません。また、入浴法や洗顔法は素人考えで適当にやってしまうと身体に負担がかかったり、逆に身体を痛めてしまったり、と取り返しのつかないことにもなりかねませんので、やはりしっかりと勉強して時間をとってやる必要があります。

どんなに忙しくても肌のお手入れは欠かさない!という向上心を持っていれば、職業や家庭環境に関わらず、いろいろな方法を試したり続けたりできるものですが、そうは言ってもなかなか自分のための時間が作れないのが主婦というもの。そんな私たちでもヒートショックプロテインを増やしてハリのある美肌を取り戻すことを諦めず、トライできる方法が1つだけありました。それは毎日のスキンケアに取り入れる化粧品です。

注目する成分は「HSP47」

注目する成分は「HSP47」

ヒートショックプロテインにはいろいろな種類があることがわかっており、その作用はそれぞれ異なりますが、ここではその中でもコラーゲンと深い関係を持っている「HSP47」について見てみましょう。

肌の土台である真皮の70%を構成しているのがコラーゲン繊維です。このコラーゲンが肌のハリや弾力を作っています。タンパク質の1つであるコラーゲンは合成と分解をくり返しながらバランスを保っているのですが、年齢を追うごとに新しく作られるコラーゲンの量は減っていき、紫外線などのダメージによって傷ついたコラーゲンの占める割合が増えていきます。また、新しいコラーゲンが合成されても、質があまりよくないと正しく働くことができず、肌を支えきれなくなったりするそうです。加齢によって肌がたるむ原因の1つはこれですね。

コラーゲンを始め、タンパク質が正しく機能して本来の力を発揮するためには、正しい構造で存在していなければなりません。人の体内のほとんどの組織に含まれるタンパク質の構造を正しく整える働きをするのが、ヒートショックプロテインの中のHSP47なのです。HSP47がしっかり働いてくれることによって、質のよいコラーゲンが合成され、正しい構造で機能することができるのです。

HSP成分を配合した化粧品のメリットを紹介

ヒートショックプロテインを増やす化粧品には、体内のHSPを増やす機能を持った成分が入った化粧品と、HSP成分そのものが配合された化粧品があります。ヒートショックプロテインを体内で増やす成分にもいくつかあるようですが、代表的なのはナールスゲンでしょうか。ナールスゲンはHSP47を1.3倍に増やすことができると言われており、現在ナールスゲン配合の化粧品がいろいろと発売されていますね。

そしてHSP成分そのものを配合したものには、HSP含有酵母エキスが配合されているものが代表的ではないかと思います。HSP含有酵母エキスを体内にとり込むことで直接タンパク質に働きかけ、肌につけた瞬間に効果を実感できます。HSP成分をとり入れて体内のヒートショックプロテインの働きが活発になると、メラニンの産生を抑制し、皮膚の炎症を抑え、免疫を活性化させ、DNAの修復を促進する、などの作用が生まれるのです。

メラニンは、過剰生成されると私たちの肌トラブルのもとになりますが、もとは紫外線から細胞を守るために作られる大切な存在でもあります。そのため、ヒートショックプロテインによってメラニンの生成が抑えられるのはありがたい一方で、紫外線から細胞を守る存在がなくなってしまうというのも事実。そこでヒートショックプロテインは、メラニンの産生を抑えると同時に、紫外線による攻撃を防ぎ、傷ついてしまったDNAを修復して、炎症を抑えるという仕事までしてくれます。こうしてヒートショックプロテインが陰に日向に頑張ってくれることで、私たちの肌は少しずつ美肌に近づいていけるのです。

 
ヒートショックプロテインって細胞なの?ヒートショックプロテインの増やし方紹介!
顔を若く見られるヒートショックプロテイン効果のある化粧品ランキング
ヒートショックプロテインでアンチエイジング!肌老化の原因と改善