テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ヒートショックプロテインを増やして美肌になれる化粧品おすすめ8選
ヒートショックプロテインを増やして美肌になれる化粧品おすすめ8選

洗顔でもヒートショックプロテインを増やすことができるって本当?

洗顔でもヒートショックプロテインを増やすことができるって本当?

入浴や蒸しタオルパックでヒートショックプロテインを増やす方法を紹介してきましたが、実は少し工夫した洗顔方法でもヒートショックプロテインを増やすことができます。

ヒートショックプロテインを活性化させるための洗顔法といえば、第2回国民的美魔女コンテストでグランプリを獲った山田佳子さんがテレビで紹介していたオリジナル洗顔法が有名です。蒸しタオルパックを織り交ぜたその洗顔法は、温めてから一気に冷やすことで肌をしっかり守りながら血行を良くし、きめの細かい肌を作るというものですが、その背景にはヒートショックプロテインの効果が隠れているのです。

洗顔でヒートショックプロテインを増やす方法を紹介

では、ヒートショックプロテイン洗顔法のやり方をご紹介しましょう。まず用意しておくものは、保湿クリームまたは保湿オイル・柔らかいタオル2枚・洗面器に入れた氷水・化粧水・美容オイル、です。

① まずぬるま湯で顔をしっかり洗って乾いたタオルでふいた後、保湿クリームまたは保湿オイルを顔全体に塗って保護します。

② 次に、熱めのお湯を蛇口から出しながらタオルにしっかりお湯を浸透させてしっかりしぼったもの、またはぬるま湯で湿らせた後にしっかりしぼったタオルを電子レンジで温めたもののいずれかを用意します。このタオルが42℃になっているとベストです。

③ 顔全体を覆うように温めたタオルをのせ、その状態で1〜2分待ちます。山田さんはこの間につま先立ちをしたり、スクワットをしたりして、待ち時間を有効活用するそうですね。

④ 蒸しタオルを外したら、あらかじめ洗面器に入れて用意しておいた氷水に息を止めて5秒ほど顔を浸けるか、または氷水で顔を5回ほど洗います。

⑤ 乾いた柔らかいタオルを軽く顔に押し当てるようにして水分をふき取り、化粧水をたっぷりつけます。最後に美容オイルでしっかり保湿をして完了です。

特にヒートショックプロテインの効果を狙う場合は、③と④を数回くり返します。氷水で冷えた肌を一気に温めることでヒートショックプロテインの増量効果がさらに望めるという訳です。

押さえておきたいポイントとは?

押さえておきたいポイントとは?

このヒートショックプロテイン洗顔法は、またの名を氷水洗顔法とも言われますが、ポイントは氷水で一気に肌を冷やすというストレスを与える前に、しっかりと温めること。毛穴を引き締めてきめの細かい肌にするために氷水洗顔はとても有効なのですが、いきなり氷水で肌を冷やしてしまうと、ストレスでカサカサになってしまうそうです。一度温めてから一気に冷やすことで、肌を守りながら効果を上げることができるという訳です。

この洗顔法は、蒸しタオルパックと同じように朝晩2回、毎日続けることがポイントです。入浴法とちがって身体に負荷をかけることもありません。サボらずに続けることで肌質が根本から変化し、きめの細かいやわらかなもち肌になると同時に、ヒートショックプロテイン効果によってぷるぷるしたハリのある肌が手に入ります。そして、シミやシワ、くすみ予防にもなるので、挑戦してみる場合は頑張って毎日続けることをオススメします。

 
ヒートショックプロテインって細胞なの?ヒートショックプロテインの増やし方紹介!
顔を若く見られるヒートショックプロテイン効果のある化粧品ランキング
ヒートショックプロテインでアンチエイジング!肌老化の原因と改善