蒸しタオルでヒートショックプロテインを増やす方法
ヒートショックプロテインを増やして美肌になれる化粧品おすすめ8選
ヒートショックプロテインを増やして美肌になれる化粧品おすすめ8選

入浴だけじゃない!蒸しタオルでヒートショックプロテインを増やす方法とは

入浴だけじゃない!蒸しタオルでヒートショックプロテインを増やす方法とは

ヒートショックプロテインを増やす方法は入浴のほかにもいろいろあり、それぞれにメリットがあります。ここでは蒸しタオルパックによるメリットをご紹介したいと思います。

まずメリットその①、毛穴を開かせること。クレンジングを行う前に蒸しタオルパックを行うと、毛穴に詰まった汚れがスッキリ落ちるほか、その後のスキンケアでも化粧水や美容液が肌の奥まで浸透します。

メリットその②、角質が柔らかくなること。乾燥して硬くなった角質は古くなっても落ちにくく毛穴をふさいでしまいがちで、通常の洗顔では落ちにくくなってしまいます。蒸しタオルパックによって角質を柔らかくした後で洗顔をすると、古い角質が落ちてごわついた肌を柔らかくしてくれます。

メリットその③、血行や新陳代謝がよくなること。蒸しタオルは顔にあてて行うので、入浴法のように心臓に負担をかけずに、顔周辺の血管を広げて血流をアップさせてくれます。そのため栄養分の供給がスムーズに行われて老廃物も排出されやすくなり、新陳代謝がアップして、肌のくすみやむくみ、たるみにも効果抜群です。

そして最後にメリットその④はヒートショックプロテインによる効果です。42℃の熱で刺激することによって増えたヒートショックプロテインが良質のコラーゲンを作って炎症を抑え、ダメージを受けたタンパク質を修復してくれることで、シミやシワを予防・改善し、ハリのある肌を手に入れることができます。

蒸しタオルでできるヒートショックプロテインを増やす方法を紹介

蒸しタオルでヒートショックプロテインを増やす美容法のやり方をご紹介します。まず用意しておくものは、柔らかいタオル2枚・洗面器に入れたぬるま湯・保湿クリーム・洗面器に入れた氷水・化粧水、です。

① 最初に肌を守る保護膜をつくるために、顔の肌全体に保湿クリームを塗ります。

② 用意したお湯にタオルを1枚浸けて湿らせた後、しっかり絞ったものを、30〜40秒ほど電子レンジで加熱し、42℃の蒸しタオルをつくります。

③ 顔全体を覆うように蒸しタオルをのせ、その状態で1分待ちます。

④ 蒸しタオルを外し、氷水の入った洗面器に顔を5秒間浸けます。

⑤ 乾いた柔らかいタオルを軽く顔に押し当てるようにして水分をふき取ります。

①〜⑤を数回くり返した後、化粧水や保湿クリームなどでしっかり保湿をして完了です。必ずお化粧を落とした状態で行いましょう。お化粧が顔に残っていると、毛穴の奥深くまで入り込んでしまう可能性があります。毎日朝晩2回ずつ、この蒸しタオルパックを続けることで、肌質が変わったのを実感できます。

見逃してはいけない注意点とは?

見逃してはいけない注意点とは?

蒸しタオルパックを行う際に気をつけなければいけないポイントは、まず肌の乾燥です。肌を急激に温めることで毛穴が開くと、水分の蒸散が起こって乾燥しやすい状態になります。必ず保護膜を作ってから蒸しタオルパックを行うこと、そしてパック後も化粧水やクリームなどでしっかり保湿を行うようにしてください。また、タオルが熱くなりすぎないよう、電子レンジで温める前にはしっかり絞って水分が多すぎないように注意しましょう。確実な効果を上げるためにも42℃になっているかどうかを確認することが大切です。

そしてこの蒸しタオルパックを行った後の洗顔は、いつもよりやさしく行うよう注意しなければなりません。パック後の肌は温められて柔らかくなっているため、強くこすらないよう注意するほか、洗顔フォームも刺激の少ないものを使うようにしましょう。普段よりも肌が敏感になっていることを意識してください。

 
ヒートショックプロテインって細胞なの?ヒートショックプロテインの増やし方紹介!
顔を若く見られるヒートショックプロテイン効果のある化粧品ランキング
ヒートショックプロテインでアンチエイジング!肌老化の原因と改善